top

 トップ  会社概要  業務内容  施工事例  家具雑貨  ブログ  お問合せ  アクセス  サイトマップ

    MENU

トップ

会社概要

業務内容

施工事例

家具雑貨

ブログ

お問合せ

アクセス

サイトマップ

 

    LINK

木材利用ポイント

住宅あんしん保証ホームページ

LIXILホームページ

フラット35ホームページ

モバイル

                 無料カウンター

フラット35について

フラット35とは

 フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利住宅ローンです。長期固定金利住宅ローンは、資金のお受取り時に返済終了までの金利・ご返済額が確定する住宅ローンですので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。


フラット35 3つのメリット

メリット 「フラット35」は最長35年の長期固定金利住宅ローンです。資金のお受け取り時に返済終了までの金利・返済額が確定します。

メリット◆…名錣僚斬陬蹇璽鵑派要となる保証料がかかりません。保証人も必要ありません。また、ご返済中に繰上返済や返済条件の変更を行う際も手数料は一切かかりません。

メリット  住宅の断熱・耐久性などについて、住宅金融支援機構において独自の技術基準を定め、物件検査を受けています。併せて新築住宅では、建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認しています。


フラット35の種類

 フラット35には「フラット35」、「フラット35S」、「フラット35S(20年金利引下げタイプ)」他様々な種類があります。ここでは使用される方の多い上記3種類について説明させていただきます。


フラット35の金利差

 フラット35は種類によって金利に差があります。上記3種類の差をグラフにして、以下に示します。

フラット35

フラット35S

フラット35S(20年金利引下げタイプ)


フラット35の技術基準

 フラット35を利用するには、住宅金融支援機構が定める技術基準に適合していることを示す適合証明書を取得していただく必要があります。この適合証明書は、検査機関へ物件検査の申請を行い、合格すると交付されます。新築住宅の場合、物件検査に併せて建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認します。(※物件検査に当たっては、物件検査手数料が必要で、お客様のご負担となります。また、物件検査手数料は、適合証明機関によって異なります)。

 技術基準はフラット35、フラット35S、フラット35S(20年金利引下げタイプ)の順に厳しくなります。その内容を以下に記述いたします。

 技術基準


 その他詳しい内容は、フラット35ホームページをご閲覧ください。

 

 トップページへ戻る

 トップ  会社概要  業務内容  施工事例  家具雑貨  ブログ  お問合せ  アクセス  サイトマップ

ヘッダー